最新更新日:2021年8月2日

当サイトではサプリメント専門家が「ルテインサプリの正しい選び方」を元に徹底比較し、本当におすすめできるサプリを紹介します!

ルテインサプリは数多く種類があるため、やみくもに選んでも失敗するだけです。

今回、特に人気が高い商品を厳選し、とにかく結果にこだわった3商品をランキングにしています。あなたが納得して購入できるように、私が全力でサポートします!

▶プロが評価したNo.1はこちら

【専門家監修】
失敗しないサプリの選び方

【他社の画像】

そんなあなたが選ぶべきサプリメントの3つのポイントを解説します。

①ルテイン+ゼアキサンチン配合

目の健康に大切な成分として「ルテイン」が話題になっていますが、この成分は強い抗酸化(老化防止)作用をもつカロテノイドの一種。

ルテインは「活性酸素」を抑える働きがあり、光による酸化ダメージから目を守ります。

ルテインが不足すると白内障など目が老化しやすくなるといわれています。

1日の摂取量は「6mg~10mg」が目安。体内で作れないため食事からの摂取が大切。

ルテインに加えて「ゼアキサンチン」を摂取することで以下の結果が出ています。

▼ ▼ ▼

アメリカの研究で、115人の被験者が「ルテイン10 mg、ゼアキサンチン2mgを含む食品」「その2つを含まない食品」の2グループに分かれて1年以上摂取した結果、「ルテインとゼアキサンチン」を摂取した方がブルーライトなどの光を吸収する黄斑部の色素濃度が上昇したことが分かりました。

日本でも「加齢黄斑変性」発症予防のために、「ルテイン」や「ゼアキサンチン」などを配合したサプリメントが推奨されています。

ルテインは網膜全体に存在し、ゼアキサンチンは黄斑のみに存在します。

その両方を摂取することで目をバランスよくケアでき、紫外線やブルーライトなどの有害な光の刺激から目を保護したり、コントラスト感度(ぼやけを解消し、くっきりと物を識別する感度)の改善により、目の調子を整えてくれることが報告されています。

②機能性表示食品を選ぶ

「機能性表示食品」となる食品は以下のような特徴があります。

安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性を事業者の責任において表示した食品

特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品であり、

販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られています。

どのようなタイプのサプリであれ、あくまでも食品ですからお薬とは違います。

しかし、機能性表示食品は一般のサプリメントのような単なる補助食品でもないので、目のケアとしてより実用的で相応しいと言えます。

このような理由から、サプリを選ぶ際には「機能性表示食品」をおすすめします。

③長く継続できる価格か

サプリは継続して使い続けられるコスパであることが大事です。

あまりに高すぎると続けることが難しいです。

ただし、価格が安ければ安いほど良いというものでもありません。「コスパが良い」とは“安い費用で効果が良い”ことを意味します。

安価なサプリに手を出した結果、全然役に立たないとなればコスパは悪いです。

そういう商品を選ぶなら、「ちょっと高い気もするけど、使用感が満足できる」サプリを選んだ方が実際に役立ってくれます。

・定期縛りの有無をチェック
・初回特別価格で安く試せる
・2回目以降の価格

まずこの3点に注目してみるとお財布に優しい商品を見つけやすいです。

また、商品が自分に合うかどうか試してみないと分からないので「定期縛りなし」「初回が割引価格」のものを選ぶ方が気軽に購入しやすいです。

ルテインサプリの場合は、2回目以降の購入価格が「4000円以内」が続けやすいです。

上記3つのポイントをクリアしたルテインサプリを専門家が厳選しランキング化しました。ぜひ参考にしてください。

順位 1
商品
価格
総合評価
最安値
購入サイト